諏訪湖御神渡りなるか?!

大寒も過ぎたこの時期といえば、

ここ長野県諏訪湖周辺地域では、毎年話題になる事があります。

それは、『御神渡り』がみられるかどうか。

御神渡り(おみわたり)とは、凍結した諏訪湖面状に、氷のせり上がりができ、それが、何十メートルにも長く出来上がるものです。

おおきな湖が、全面結氷する、というだけでもすごい事ですが、
全面結氷した後、その寒さが何日か続かないと、御神渡りは現れない、というのだからすごいですよね。

前回の御神渡りは2008年でした。

今年は、寒さが厳しく、全面結氷したと、新聞記事やニュースで伝えられていますが、
昨年、一昨年は全面結氷せず・・・
温暖化の影響もあるようです。

この御神渡り、

諏訪大社上社の男神が、下社の女神のもとへと渡る恋の道である、というなんともロマンチックな言い伝えもあります。

まさに、神が渡る道ですね。

気になって、先日(1/20)、諏訪湖に行ってきました。

諏訪湖結氷
全面結氷してました^^;

せり上がり??
氷が作り出す形、これも自然が作り出した芸術ですね。

富士山も見える景色
とても天気がよく、遠く富士山も見える場所。

ぽかぽか陽気に見えて、気温は0℃前後でしょう・・・湖畔は特に寒い!!!

さて、今年は「御神渡り」が見られるでしょうか??

期待して、待ちましょう!!

お恥ずかしながら・・・こちらは昭和58年の写真
昭和58年の諏訪
「おかっぱ頭」に「はんてん姿」の私と弟。

奥には、諏訪湖名物ワカサギ釣りをする沢山の人が見えます!!

コメント