七五三のお祝い

11月の晴れた日
三歳の娘の七五三のお祝いをしました。

当日は、朝から着付け・ヘアセットと大変でしたが、
娘はただただ嬉しそう♪
オシャレできるって事が本当に嬉しいようでした。
さすが女の子ですね
お天気もよくお参り日和となりました。

IMG_5986

IMG_6018

ご祈祷の時も、しっかり頭をさげて祝詞を聞き、パチパチと手を叩いてお参りもできました。
両方のじぃじ、ばぁばと一緒に写真も撮れてよかったね。

IMG_6070
すっかりおすまし顔で、お姫様のようです。

IMG_6148

着物でもかまわず、はしゃいでいます(笑)

平安時代に始まったとされる七五三。
当時は子供の死亡率が高く、七歳までは「神の子」とされていました。
人間として一人前とは考えられていなく、現世にしっかり命が定着していない者として扱われていたそうです。
そのため、これからの健康を願い、人生の通過儀式として三歳からお祝いが行われるようになったといわれています。

いまでは無事に成長した事を感謝し、今後もすこやかに育つよう神前に詣でる行事となっています。
産まれてからこれまで、いろんな事がありました。
小さく産まれ、体が強くない娘ですが、
それでもマイペースに大きくなり、最近は風邪も吹き飛ばすほど元気になってきました。
本当に今までの成長に感謝!!
これからもあせらずゆっくり、いろんなことを吸収しながら大きくなって欲しいです。

こちらは別の日に、私も三歳の時に着た着物を着てお参りです。

IMG_6658

IMG_6672

これからもどうぞお見守り下さい・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする