異文化結婚式

先週、大学の後輩の結婚式に行ってきました。

6月ということで、結婚式も多いんでしょうね。

場所は東京。

そして彼女は、国際結婚をしたのです。

『ブルネイ』の方とのご結婚で、イスラム式の挙式でした。

イスラム式の挙式

式に参列する女性は、イスラム式の格好をします。
ひとりひとりに用意されていたスカーフのようなものをかぶりました。
初めての体験でしたが、「現地にいそう」と言われました。どういう事?!

女性は肌の露出をなるべくしてはいけないそうで、
顔面以外はスカーフで隠すため、、顔の大きさが強調されます・・・
記念に、と写真も撮りましたが、とても紹介できません

異文化のイスラム式の挙式は、お祈りなども新鮮な体験でしたが、
「お祈り」っていいなぁ、と思いました。
仏教のお念仏もそうですが、なんだか分からないけど、いいなぁ、と。

お嫁さんは、イスラムの格好をしていましたが、とっても似合っていて綺麗でした。
遠距離やなかなか会えない中、一緒になれて、幸せオーラがでてました

その後、場所を移し結婚披露宴。

今度は、白いウェディングドレスに白いタキシードの2人。

ブルネイからはご両親他2名での来日だったため、披露宴の人数は少なかったのですが、
とてもあたたかい、2人の気持ちが詰まった披露宴でした。

恒例となった余興は、まずまずの成功
新郎新婦は大爆笑して見ていたようです。お粗末様でした・・・

結婚式が終わって、もう2日後には日本を経ちブルネイへ行ったとの事。

地図で見ると近いようですが、(マレーシアの隣)
飛行機も乗り継ぎをしなくてはいけないそうで、

文化も違う、言語も違う、食べ物も、環境がすべて違う国。
そこで、友人もいない中生活していくのは大変なことだと思います。
きっと想像以上なのかなぁ。。。

でも旦那様がいて、ご両親がいて、幸せも沢山あるんだと思います。

好奇心豊かな彼女なので、明るく楽しく乗り切ってくれると思いますが、
体だけは大事に、人生シーズン2 Big Smileで

また元気な便りを楽しみにしています

2人からの贈り物


こちらは、2人からの贈り物
イスラムの結婚式では「ゆでたまご」をネットにいれたこのような飾りを配るそうです。
今回は卵型の石鹸でしたが、子孫繁栄とか、家庭円満の意味、だったかな?
とってもかわいい贈り物をありがとう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする