夏旅行2011

ちょっと前のお話ですが、

お休みを頂き、今年も夏の家族旅行に行ってきました。

今年は、義父さんの還暦祝いも兼ねて、松本の老舗温泉旅館に泊まりました。

という事で、1日目は『安曇野』の観光。

今年は、朝ドラ「おひさま」の影響もあり安曇野が人気だとか。

まずは、お昼ご飯におソバを頂きました。

桜かつ つけうま

桜肉のカツと、「つけうま」といい熱い桜肉汁に冷たいソバをつけて食べます。
馬肉はちょっと臭みがあるのですが、気にならずおいしく頂きました。

その後、「安曇野ちひろ美術館」へ

ここは、「絵本作家いわさきちひろ」に関する美術館ですが、
お庭も広く、開放的で、とても気持ちのよい場所です。

1歳半になる旦那の甥っ子も、元気にはしゃいでいました。

お天気は、それほど暑い日ではなかった為、安曇野のよい風に吹かれて気持ちよかったです。

私は、いつも見慣れている田園風景ですが、

都会からの観光客の方には、こののんびりとした風景が好まれるのかぁと思いました。
雲の多いお天気だったので、北アルプスの山並みが見れなかったのが残念でしたが。
みんな喜んでくれました♪

そして一路、旅館へ

今回の旅館は、松本市街から30分、美ヶ原に上る山の途中にある温泉旅館です。

街とは別世界といった感じのその旅館は、とても雰囲気の良い、くつろげる旅館でした。

『おもてなし』の形があらゆる所にみられ、とても居心地のよい、ゆったりとした時間が流れていました。

(旅館の写真があまり撮れず残念。。)

こちらは、夕食、和懐石の一部

旬菜 <信州牛ヒレ肉と鮎の塩焼き

2日目は、美ヶ原高原へ行って、霧が峰でニッコウキスゲが見られたら・・・
と思っていたのですが、朝から雨・・・・

残念ですが、山の上はもっと霧が多くて大変だろう、という事で、
松本から諏訪へ向かいました。

あいにくの天気にはなってしまいましたが、

その分2日間ゆっくりと過ごすことができ、また一つ夏の思い出ができました☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする