閉校式

日記

11月26日(土)母校の小学校で閉校式がありました。

「長野県富士見町立落合小学校」

今年度をもって、140年の歴史に幕を閉じます。
富士見町立落合小学校

児童の減少・・・が理由ですが、寂しいものです。

懐かしい校舎の見学もできました。

階段
一歩一歩上っていた階段も、低く感じました。

図書館
懐かしい本
図書館。文字が読めるようになって、いろんな本を読んだのかなぁ。
沢山の寄贈図書もありました。

教室
私が通っていた当時と変わらない教室、黒板、古めかしいストーブ。
でも、教室には机が4つしかありませんでした。

私の同級生は21人。
その当時も、全校生徒が120人弱でした。

給食室
1年生から6年生まで、一緒に集まって給食を食べたホール。
一番人気は「揚げパン」。牛乳にいれて飲むミルメークも好きだったなぁ。

児童の発表

式典では、思い出のDVDを流しながら、140年の歴史を振り返ります。

全校生徒28人がステージで今までの思い出や将来の夢を発表してくれました。
校歌斉唱では、(最後に歌ったのはもう20年も前の事ですが)すんなり歌えました。

創立120周年で作られたという「落合の町」という歌の合唱もありました。
この田舎の風景や小学校での思い出がつまっていて、なんだか感動してしまいました。

おじいちゃんの代から、通ったこの小学校。
無くなってしまうのは寂しいですが、思い出はみんなの心の中に残りますね。

閉校してしまうからこそ、思い出を思い出させてくれるいい機会をもらえて、同級生にも会う事ができ、嬉しく思いました。

閉校の記念碑
閉校の記念碑
『落合に われら 学ぶなり』

2年前、私の母校の中学校も閉校してしまいました。

母校がなくなってしまうのは、とても寂しいことですが、
思い出は、きっと忘れないでしょう。。。

コメント

  1. emicharo☆ より:

    閉校悲しいですね。私も校歌歌えます。落合の町も。思い出のたくさん詰まった落合小学校、ありがとう。

  2. fumi より:

    母校の閉校は悲しいね・・・
    久しぶりの校舎に入ったけど、ほとんど当時のまま。思い出も蘇ってくるようだったよ☆
    閉校式の時は、懐かしい「ぎんなん」のにおいもしました。